吹田市・豊中市 | 緑地公園駅から徒歩1分『まみ眼科クリニック』

心を通わせる地域の目医者さん、まみ眼科クリニック

地公園駅から歩いてすぐの場所にまみ眼科クリニックはあります。「豊中市・吹田市の皆さんに身近な眼科クリニックを」という想いから2012年12月にオープンしました。18年にわたり大手病院での眼科診療の最先端で活躍し多くの眼科疾患の治療を手掛けてきた院長が診察にあたっています。優しく親しい家族のような目医者さんとして、豊中市・吹田市における眼科の地域医療の充実を目指します。

大阪市育ち吹田市民の院長が小さなお子様からお年寄りまで丁寧に診察。ぜひお気軽にまみ眼科クリニックにお立ち寄りください。

日中、裸眼で生活したい方むけの
夜用コンタクトレンズでの近視矯正治療プログラム、始めました。

  • 就寝時に装用するだけで、日中は裸眼で生活できます。
  • 近視の進行を抑制する効果も期待されます。
  • レンズを中止すれば元の状態に戻せます。
  • レンズの度数も目の状態に合わせて随時変更します。

夜寝ている間に専用の治療用コンタクトレンズを装用し、寝ている間に近視を矯正します。スポーツや仕事上メガネの装着が不便な方に適しています。アメリカでは1990年代頃から使われることが多くなり現在は100万人以上の実績があります。日本でも2009年に厚生労働省に承認された非常に安全性の高い治療法です。

初回検査5.000円(トライアルレンズ2週間、無料でお試し頂けます。)
治療費180.000円(2年間の治療費・定期検査代・レンズ代込みの費用です。)
※レンズ破損・紛失時は別途必要です。

ご希望の方は、診察時にご相談ください。

   

小児の近視抑制治療を始めました。

  • 当院では小児期における近視の進行抑制を目的とした点眼治療を行っております。
  • 近視の進行を抑制する効果が期待されます。
  • 治療は2年以上継続利用していただくことをお勧めします。
  • 初回検査・1週検査・定期検査(3ヶ月毎)を受けて頂きます。
目薬

*オルソケラトロジーレンズによる近視治療との併用も可能です。

日本ではおよそ2人に1人が近視と言われています。先進国において近視は視力障害の主要な原因であり、近視は主に小児期に進行します。近視の進行を抑制する点眼治療は統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されています。
※本来の作用により、一時的に瞳孔が大きくなりまぶしく感じますが、数時間で元に戻ります。重篤な副作用の報告はありません。

初回検査料5,000円、1週間後検査料5,000円、定期検査料(3か月毎)12,000円
※すべて、検査、診断、薬剤費込みの料金です。

ご希望の方は、診察時にご相談ください。

気になることはありませんか?

 
  • 50才を過ぎたけど眼科には数年行ったことがない
  • 目のかゆみ・充血が時々ある
  • 目が見えにくい、かすむ
  • 肩こり・頭痛に悩んでいる
  • 評判がよく通いやすい眼科の病院が見つからない

眼科疾患があるかもしれません。院長の日昔が常時診察しています。気になる時は気軽に相談にお越しください。

その他の気になる症状がある方は「よくある症状」をチェック!

視覚は脳に送られる情報の80%~90%をキャッチ

私たちが生きていくために重要な器官であることは間違いありませんが、目の使い過ぎ、年齢や生活習慣からくる目の負担増加などにより、私たちのほとんどのは何らかの眼の悩みをかかえています。日本人の半数の方は疲れ目の症状を感じ、800万人の方がドライアイという現代社会で、自分の眼を守ることは大切ですね。

白内障・緑内障も早期発見が大切

「年をとったからしょうがない」と我慢することはありません。老眼だからと我慢しているうちに白内障や緑内障が進行してしまった方も多くいらっしゃいます。白内障も緑内障も、診断されたら即手術と思われているかもしれませんが、進行具合をみながらどのように治療していくかを考えることが大切なのです。まずは正しい知識と適切な対処方法を知ることから始めましょう。

かかりつけの眼科医の定期検診で安心

眼を診ることで内科的疾患が見つかることもあります。また、糖尿病網膜症や加齢黄斑変性など、特定の疾患や加齢によって起こりやすい目の疾患もあります。早期発見することによって、大切な目の機能を守ることができます。さらに、生活習慣や環境を見直すことで、眼科疾患を未然に防ぐことができかもしれません。特に50才以上の方は、“健康診断を眼科でも受ける”という発想も目の健康を守るためにお勧めです。

お問い合わせ・ご相談はこちら

〒561-0871
豊中市東寺内町13-3 プラザカワバタ1F
⇒アクセスマップはこちら

ページのトップへ