緑内障

主な診療分野

緑内障

緑内障は知らないうちに視野が欠けてくる目の病気です。

 

目の圧力で視神経が傷つき視野が狭くなってくるのですが、残念ながら一度傷ついた視神経は元に戻らないので、視野がだんだん欠けてきてしまいます。

40歳以上の20人に1人は緑内障にかかるという調査結果もあります。中途失明の原因の1位でもあり、油断ができない病気です。

目の房水という液体の排出がうまくいかず、眼の中にたまることで眼圧が高くなります。房水の排水部分が詰まってしまうタイプの緑内障(原発解放隅角緑内障・正常眼圧緑内障など)と、排水部分が閉じてしまっているタイプの緑内障(閉塞隅角緑内障)とがあります。

初期症状

視野の一部に見えない部分ができます。
中には、急に眼圧が高くなって、眼の痛みや充血をひきおこし、さらにモノがかすんで見えるだけでなく頭痛や吐き気を伴う発作が起こり、一やで失明してしまう緑内障もあります。
ただ、多くの場合は、10年~15年という長い時間をかけてゆっくり進行する緑内障で、症状がでていてもなかなか気づかないことが多く見られます。視野の“はし”の方や、小さい範囲だったりする場合もあり、自覚しづらい病気です。

まみ眼科クリニックの治療方針

 

一度欠けてしまった視野は回復できず、気づいた時には病状が進んでいることが少なくないので、受診が遅れないように気を付けたい病気です。

進行具合は自動視野計を使って検査します。自覚症状のない方も、緑内障の状態を正確に確認できます。検査結果をふまえ、患者様にご自身の目の状態をできるだけ分かりやすく説明するようにしています。

緑内障は、進行を止めるための治療になります。

まずは、点眼薬で眼圧を下げる治療を行います。1種類の点眼薬を使って頂き効果をみていきます。必要に応じて2~3種類の薬を併用するなど、お一人おひとりの状態をみながら処方を考えます。

定期的に通院頂き、内服薬や手術治療も含め、患者様の目の様子や生活やお仕事の状態をお聞きしながら最適な治療法・治療時期を見つけていきます。

予防方法や日常生活での注意事項

この病気は、40才以上の20人に1人がかかってしまうような、ありふれた病気なのに、治療を受けている人がわずか1割程度という、症状を自覚しづらい目の病気です。ほとんどの方は緑内障であることを気付かないまま放置し、日常生活の支障を感じた時には病気が進行してしまっている、ということも時々見られます。

また、眼圧が高い人の方が正常な人よりも緑内障の危険性は高い事が分かっていますが、眼圧が高い・低いにかかわらず発症する場合もあります。

40才以上の方は、定期的な眼科検診を行い、自覚できていない目の症状を発見することが大切です。視力の取り返しができないので、定期検診がとても大切になります。

患者様の声

実は緑内障のために通院したのではなく、たまたま目がかゆくて寄ってみただけなのですが緑内障の初期状態ということがわかりました。気付かなければ、眼が見えなくなってしまっていたかもしれないので、今から思うと怖くなります。早く気付いてもらえ本当に感謝しています。(50代女性)

緑内障のことを、難しい言葉をつかわずに、私にもわかるように教えてもらえました。今は孫の面倒を見ているので、点眼であまり進まないようにして、孫が小学校にあがったくらいに手術など考えましょうと、私の生活のことも家族以上に考えてくれているような先生です。(60代女性)

緑地公園近くで開業されたので、これを機会にとちょっと軽い気持ちで見てもらいましたが、緑内障だとわかりました。親切な女の先生で、話しやすいです。これから長い付き合いになると思いますが宜しくお願いします。(70代男性)

その他の患者様の声を見る

お問い合わせ・ご相談はこちら

〒561-0871
豊中市東寺内町13-3 プラザカワバタ1F
⇒アクセスマップはこちら

ページのトップへ

現在地:まみ眼科クリニック HOME ≫ 主な診療分野 ≫ 緑内障