糖尿病網膜症

主な診療分野

糖尿病網膜症

糖尿病によって網膜に影響がでて視力低下する目の病気です。

 

糖尿病が引き起こす三大合併症の一つです。

糖分の代謝が異常になることで、細く小さな血管が集中している網膜で、血管から血液の中にある水分や血液が漏れだし、ひどくなると、神経の感度をにぶらせて視力が落ちてしまいます。

日本人の中途失明原因第2位の目の網膜の病気です。 

眼の網膜に集まっている細く小さい血管から血液が漏れだしたり(点状、斑状出血)、血液中のたんぱく質や脂質が網膜に沈着(硬性白斑)したりします。さらに進行すると毛細血管が詰まり、網膜の神経細胞に酸素や栄養が届かなくなります。神経のむくみ(軟性白斑)や、静脈の拡張などが生じたり、新しく血管を新生し硝子体出血や網膜剥離をひきおこし視力低下をひきおこします。

初期症状

自覚症状はありません。視力低下など、自分で気が付く症状が出た時には、すでに重症になってしまっている場合が多いのが特徴です。15年前後かけて網膜症が発症する場合が多いのですが、血統コントロールの状態によって5年~10年程で発症することもあります。

ただし、網膜症になる前から、すでに血管や血液の変化が見られるので、検査によって分かる場合もあります。ぼやけて見えたり、急に眼内に出血して視力が下がる場合もあります。

まみ眼科クリニックの治療方針

 

重症になるまで自覚できる症状はほとんどありません。
網膜症になる前から血管や血液の状態に変化がみられるので、糖尿病の診断を受けた方は、眼科も受診しましょう。

自覚症状がなくても、網膜血管の異常を正確に把握するために、定期的に眼底検査を受けて頂きます。また、最も大切なのは、血糖コントロールなので、日々の食事などの様子もお伺いします。

進行してきた場合、病状によって治療内容や治療効果が異なるため、患者様とよく相談させて頂きながら、内服薬の服用やレーザー光凝固術や硝子体手術などを検討していきます。

受診されている内科の先生のお話などもお聞かせいただきながら、患者様にとって、最もよいと思われる治療方法を考えていきます。

予防方法や日常生活での注意事項

この病気は、糖尿病にかかっている方におこりやすい合併症です。
糖尿病の診断を受けている方は、眼に何か症状がなくても一度来院して頂き、しっかり目の検査を受けて頂きたいと思います。症状がないので、病気の進行に気づかずに過ごされる場合が多くみられますので、糖尿傾向の方も、定期的な目の検診を受けて頂く事をお勧めします。

また、血糖のコントロールは大事な要素です。眼のためだけでなく、健康のためにも食生活など生活習慣の見直しをするのもよいと思います。

患者様の声

これまで家族に送ってもらいながら眼科に通っていましたが、この眼科なら自分で歩いて通えるので家族に気を遣わずに通えます。女医さんで、お子さんも沢山いらっしゃるそうで、ここに来て話をするのが楽しみなんですよ。(60代女性)

前に通っていた先生よりもいいので病院を変えました。駅からすぐなので、通院も電車を使うことにしたら、気分もよく健康にもよいです。先生の言うように、まだまだこれから楽しむためにもしっかり治療してもらいます。よろしく。(70代男性)

糖尿病で眼科に行くように言われていましたが、近所に眼科がなかったので通わずにしばらく経っていました。緑地公園の駅からすぐの場所に眼科ができたと聞き、電車で一駅なので便利だと思い受診しました。帰りに駅のスーパーにも立ち寄れるので、しっかり通院が続きそうです。(50代女性)

その他の患者様の声を見る

お問い合わせ・ご相談はこちら

〒561-0871
豊中市東寺内町13-3 プラザカワバタ1F
⇒アクセスマップはこちら

ページのトップへ

現在地:まみ眼科クリニック HOME ≫ 主な診療分野 ≫ 糖尿病網膜症