白内障

主な診療分野

白内障

白内障は眼の中の水晶体が白濁し、視力低下を引き起こす眼病です。

 

年を重ねることによって、目の中にある水晶体のたんぱく質や、たんばく質と水分のバランスが変化し、水晶体が白濁すると考えられます。目がかすんだり見えにくくなったりするため、老眼と勘違いする人もいますが、老眼とは異なります。明るい所で特に見えづらい場合は、白内障の可能性が考えられます。

80歳以上の方のほとんどが何らかの形で白内障の症状を引き起こしています。
50歳以上の方の半数が白内障であるという調査結果もあります。
 

水晶体を構成するたんぱく質が変性し、水晶体が黄白色・茶褐色に濁ります。(年齢が若い時は白濁します。)そのため、目に入った光がうまく屈折せずに散乱してしまい、目が見えづらくなります。白濁が進行すると水晶体の中で散乱する光によって視界が白く染まってしまい、日中は特にものを見ることができなくなります。

初期症状

初期は視野の周辺部分から中心部にむかって進行することが多く、症状に気が付かない場合もあります。また、水晶体の濁り方は患者様それぞれで、出てくる症状にもばらつきがあります。目がかすんだり、眩しくかんじたり、一時的に近くが見やすくなる、二重に見えるなどの症状を訴える患者様もいます。

糖尿病やアトピー性皮膚炎の方などの合併症として、比較的早い年齢から発症することもあります。乳幼児が発症する先天性白内障や若年性白内障は、早めの受診が必要です。

まみ眼科クリニックの治療方針

 

視力検査・眼圧検査・眼底検査などにより患者様の眼の状態を確認します。

日常生活への支障があまりない方には、点眼薬によって進行を遅らせる治療を行います。

見え方が悪くなってきた方には、症状を改善させるため手術をお勧めしています。症状や手術内容、患者様の利便性等を考慮して手術をうける病院の選定を行います

手術時期についても患者様のご希望を考慮します。
お気軽にご相談ください。

予防方法や日常生活での注意事項

紫外線は肌のシミやシワ同様に眼の老化につながりますので、サングラスや帽子などで紫外線を避けることが効果的です。また、喫煙も控えることをお勧めします。適度な運動を行いストレスを溜めすぎないこと、規則正しい生活と食習慣も、眼の健康につながります。

ただし、加齢によって、だれもが白内障の症状を抱えるようになりますので、無理をせず出来るところから気を付けるようにしましょう。

患者様の声

なかなか手術に踏み切れずに通院していましたが、先生の後押しもあって手術を受けたら、あっという間。こんなことなら、はやく手術しておけばよかったです。(70代男性)

点眼で様子を見るか手術をうけるか悩んでいましたが、まだまだ仕事もしていくだろうし、先生と相談して早く治しておくことにしました。メガネも見えなくなって、買い替えしようかどうか悩んでいたので、ちょうどいい頃だったと思います。色んな事を相談しやすい先生で、とても頼りになります。(60代女性)

家族でこの眼科にお世話になっています。自分の通院に合わせて、孫の眼を見てもらったりと何かと都合が良いです。目薬をもらって1ヶ月か2ヶ月に一度は見てもらうようにしています。(60代女性)

その他の患者様の声を見る

お問い合わせ・ご相談はこちら

〒561-0871
豊中市東寺内町13-3 プラザカワバタ1F
⇒アクセスマップはこちら

ページのトップへ

現在地:まみ眼科クリニック HOME ≫ 主な診療分野 ≫ 白内障