弱視・斜視

主な診療分野

弱視・斜視

 

どちらも小児に多い疾患です。

低年齢のうちに発見し適切に対処することが大切です。

弱視とは

メガネをかけても見えないのが弱視です。先天性の眼の病気の場合は早期に発見されますが、視力の発達する2~3ヵ月の頃から3歳頃までの幼児期に、斜視や強度の屈折異常(遠視・近視・乱視)のため、見る力が発達しなかった場合に弱視になります。低年齢のうちに発見できるほうが、視力改善しやすいです。

斜視とは

どちらかの目を優先的に使っており、見た目にも左右の眼がそれぞれ違う所を向いているように見えるのが斜視です。右目と左目の見え方の差で、立体視が難しくなったり、見ているものが2つに見える複視になることもあります。また、まっすぐな線が引けないこともあります。使われない方の目は弱視や視力低下などを併発するため視力が下がる傾向があります。またそれによって、斜視がさらに進行します。

初期症状

お子様の場合、転びやすい、本などを集中して見ることが嫌い、周りの物にあまり興味を示さない、などの気になる様子があれば、きちんと見えているかどうか確認しましょう。三歳児視力検診は、家庭でのチェックをできるだけ正確にやってみましょう。また、眼科には小児用の視力計測器もありますので、検診のための受診もお勧めです。

斜視の場合は、お子様の表情から焦点が合っていないように見えたり、ボーっとしているように見えたりすることが多い、顔を斜めにして片方の眼だけでテレビなどを見ることが多いように感じる場合もあります。

まみ眼科クリニックの治療方針

 

患者様はお子様が多く、一度の検査で判定するのは難しいため、通院していただき繰り返し検査を行いながら、判定していきます。

当院では、小児の方専用の検査機器(字ひとつ計や両眼視機能簡易検査機)もございますので、ご自宅で無理に確認されなくても大丈夫です。安心して検査にお越しください。(斜視が強い場合は、外観上の問題もありますので、乳幼児や思春期のお子様のメンタル面にも配慮して対処方法・治療方法をご家族と相談します。)

基本的には眼鏡処方や遮蔽訓練による治療を行っていきます。手術が必要な患者様には、適した施設への紹介を行います。同じ子供を持つ母として、親御様・患者様の立場に立って治療にあたります。

予防方法や日常生活での注意事項

視力は小さな子供から6才位までの間に発達していきます。できるだけ早期に発見し、早めに治療をすることが大切です。日常生活で気になることがあれば、一度眼科を受診してみるようにしましょう。

また、小さなお子様の視力検査は大変難しく、判定がしにくいものです。当院には小児向け検査機器も充実しており、院長・スタッフともに子育て経験が豊富ですので安心です。お気軽に検査にいらしてください。

患者様の声

先生、いつもありがとう。
また目を見てください。
(8才女の子)

先生も子供に慣れていて、スタッフの方も親切なのでよかったです。ちゃんと視力検査ができるか心配していましたが、思ったよりうまくできて、よかったです。キッズコーナーがとっても可愛くていいですね!(30代女性)

小学校の検診で眼科に行くように言われ診察をうけました。「斜視の疑い」と書いてあったので相当心配したのですが、先生の話を聞いて安心できました。こちらのクリニックに来てよかったです。(40代女性)

その他の患者様の声を見る

お問い合わせ・ご相談はこちら

〒561-0871
豊中市東寺内町13-3 プラザカワバタ1F
⇒アクセスマップはこちら

ページのトップへ

現在地:まみ眼科クリニック HOME ≫ 主な診療分野 ≫ 弱視・斜視