クリニック紹介

クリニック紹介

医療理念 | 院長挨拶 | クリニック概要

クリックすると該当部分にジャンプします。

医療理念

すべての人たちに快適な生活を。 目の悩みがない気持ちよい毎日を過ごせるように。

遠慮なく「正確な症状」「治療中の正直な気持ち」をお伝えください。

 

患者さんの症状や不安な気持ちを取り除くためには、眼の状態はもちろんのこと、正確な症状から治療中の正直な気持ちまで聞き取ることが重要だと思います。困っていること、今ある症状をありのまま語っていただき、治療に不満のある時も我慢せず伝えることができる関係づくりをしていきたいと思います。

患者様お一人お一人の生活や状況にあった治療法を見つけます。

 

生活やお仕事など、患者様それぞれにご都合があると思います。患者様の生活環境やお仕事の状況など、詳しくお話をお聞かせ頂きながら、一方的な治療ではなく、患者様の立場になって快適な生活を送ってもらえるような治療を行います。同じ症状でも、お一人おひとりに合った治療法を見つけ、ひとつひとつ症状を取り除いていきたいと思います。

辛い症状や困った症状を我慢せずに、
気軽に立ち寄れる身近なクリニックを目指します。

 

患者様が話をしやすい環境、親しみやすい雰囲気作りが大切だと考えます。そして、診療が終わったらそれっきり、ではなく、医師の説明が分かりづらかった時も、お薬がしっくりきていないと感じるような時も、困った症状を我慢せずに、ご家族に相談するように気軽にお立ち寄り頂ける場所でありたいと思います。

眼に関することだけではありません。病気に関する悩み、家族のこと…ここに来れば何でも相談することができる、と感じてもらえるようなクリニックを目指します。

    setsubi_03
ページのトップへ

院長挨拶

こんにちは。日昔 真美といいます。珍しい苗字でしてヒムカシと読みます。
ルーツは大阪市内だそうです。

 

私自身は堺市で生まれ、大阪市で育ち、吹田市に転居したのち、京都の大学へ。和泉からどんどん北上したものの、やっぱり大阪が大好きで北摂へ戻ってまいりました。
血液型B型 家族5人全員、春生まれです。ランニング・ガーデニング・たまに洋裁(したいけど時間がない) という趣味を持っています。
京都での生活が約20年と長かったため、しばしば‘なんちゃって京都弁’を話しますが、中身はべったべたの大阪人です。

眼科医を目指すキッカケ

私が受験勉強に励んでいた中学生の頃、身近にいらした目医者さんがそれはそれはカッコいい女医さんでした。「そうか!女医さんになれば、こんなに素敵に生き生きとした人生が歩めるのか。」と一つの目標になり、結果医学部卒業後からずっと、もう17年以上目医者さんをやらせて頂いています。

眼科以外にも興味のある分野はいくつかありましたが、あこがれの女医さんの存在、私の武器の一つが「手先が器用である」こと、そして眼科の卒業試験の点数が非常に良かったこと(笑)…いろんなことが重なって眼科の道を選ぶこととなりました。

眼科クリニック開業を決意した理由

吹田市・豊中市の中でも緑地公園駅近くに眼科医がない!

地域に住む一人の生活者として、吹田市・豊中市の中でも特にこの緑地公園駅近隣には眼科医がないことは問題だと思っていました。地域の皆さんが目の悩みや症状を抱えていても我慢をしてしまい、病気の早期発見のチャンスを逃している可能性も考えられます。通勤前やお仕事帰り、お買いものの途中や、お出かけの前後にも、気軽に立ち寄れる便利で身近な眼科医が必要だという想いが開業を決意した一つの理由です。

患者様の気持ちや生活を熟慮できる眼科医でありたい!

これまで17年間にわたり眼科医として様々な目の病気の治療にあたってきましたが、眼科医を続けてみると、眼科というジャンルも他の科に負けず奥が深いことを実感します。だからこそ、大きな病院では、患者様一人一人としっかり向き合い深い信頼関係を築く事と、専門分野の高度で最新の医療を提供することを両立することは難しいという現実がありました。私は、地域に密着し、患者様それぞれと深い信頼関係を築き、目についての悩み事なら、何でもまず相談に乗ってあげられる、ジェネラルな目医者さんでありたいと思っています。だからこそ、この知識と経験を地域医療の充実のために役立てようと決意しました。

目で気になることやお聞きになりたいことがあれば、どんな些細なことでも相談してほしいな、と思っています。患者様にとって最もよい医院・治療法を選定し、患者様の視点で治療をサポートする役割を果たすべく、患者さんと、長いお付き合いが出来れば幸せです。どうぞよろしくお願いいたします。

プロフィール・経歴

院長 日昔真美
平成6年 京都府立医科大学 卒業
平成6年 同付属病院 眼科 入局
平成7年 大阪府済生会中津病院 眼科
平成9年 大津市民病院 眼科
平成12年 社会保険京都病院 眼科
平成17年 加藤総合病院 眼科
平成19年 医療法人蒼龍会井上病院 眼科
平成24年12月 まみ眼科クリニックを開業
  • 日本眼科学会認定専門医(第012303号)
  • 日本眼科学会員
  • 日本眼科医会員
  • 日本手術学会員

ひむかし まみ。眼科医。5人家族、3児の母。ランニング・ガーデニング・たまに洋裁も趣味で楽しむ。17年にわたり、多くの目に関する治療や手術を経て、平成24年12月、眼科医の少なかった緑地池公園駅近くに開業。地域密着型の親しみやすいクリニックを目指す。

ページのトップへ

クリニック概要

名称
まみ眼科クリニック

院長
日昔 真美(ひむかし まみ)
院長挨拶・プロフィールもご参照ください。

住所
〒561-0871
豊中市東寺内町13-3プラザカワバタ1F(地図

連絡先
TEL:06-6318-6866
FAX:06-6318-6867
e-mail: info@mamiclinic.jp

診療時間
午前  9:00~12:00
午後 15:00~18:00
休日
毎週水曜・日曜
土曜は午前のみの診察です。
コンタクト・メガネ処方は30分前(~11時30分、~17時30分)までの受付です。
初めてコンタクトを使われる方は1時間前(~11時、~17時)までの受付となります。

診療内容
眼科一般・コンタクトレンズ外来
緑内障及び白内障外来
ドライアイ・眼精疲労外来
その他、各種眼に関する相談・治療
学校検診

設備・施設
正確かつしっかりと検査できるよう、最新機器を揃えています。
また、お子様連れの方やお年寄りの方にも優しい医院を目指しています。
当院の患者様に優しい設備案内もご覧ください。

関連病医院・提携病医院
疾患や患者様のご希望を元に、最適な医院との連携を行っています。

お問い合わせ・ご相談はこちら

〒561-0871
豊中市東寺内町13-3 プラザカワバタ1F
⇒アクセスマップはこちら

ページのトップへ

現在地:まみ眼科クリニック HOMEクリニック紹介