こんな症状にお困りの方へ

こんな症状にお困りの方へ

まみ眼科クリニックでは、眼に関する様々な症状でお困りの患者様のための診療をおこなっています。目に現れる症状の中には、眼科的疾患だけではなく、深刻な内科的疾患が隠れている場合もあります。以下のような気になる症状がある方はお早目に受診してください。

視界がぼやける・かすむ眼痛・頭痛・吐き気視野が狭い目のかゆみ・充血・目やに目が乾く・疲れる目(瞼)が腫れるまぶしい黒いモノが見える

クリックすると該当部分にジャンプします。

視界がぼやける・かすむ

物がぼやけたりかすんだりしてはっきり見えない状態になったり、視力の低下を感じるようになった場合は、近視・乱視・遠視・老視(老眼)などが疑われます。例えば、近視の方も、強度近視の場合は、白内障緑内障、黄斑部変性などの他、網膜剥離や何もないのに視野内に黒いモノがみえる飛蚊症などの眼病を起こしやすいといわれています。

また50歳代以上の方の場合は、老人性白内障がよく見られます。

その他にも、ブドウ膜炎や黄斑の病気(黄斑円孔、黄斑上膜、加齢黄斑変性症)、角膜の病気(角膜結膜腐食、角膜ヘルペス、角膜真菌症)、網膜の病気(糖尿病網膜症、網膜色素変性症、網膜静脈閉塞症、網膜動脈閉塞症、網膜剥離)、視神経の病気(視神経萎縮、視神経炎)、硝子体の病気(硝子体混濁、硝子体出血)などによる症状として視力低下が見られることがあります。

処置や治療は様々です。見え方が悪くなったら早めに受診されることをお勧めします。

小児の目の見え方は診断が難しいので、無理に確認せず眼科医による小児に合う検査方法で診断することをお勧めします。

ページのトップへ

眼痛・頭痛・吐き気

異物が目に入ってしまうことによる痛み以外にも、パソコン作業などによる眼精疲労でも眼の痛みや頭痛を感じる方がいます。ひどい時には吐き気を伴います。緑内障や白内障、老眼でも眼精疲労で痛みを感じる場合がありますし、全身疾患や心因性のものなどでも眼精疲労などでの痛みをもたらします。

その他、角膜・結膜腐食、角膜ヘルペス、角膜真菌症、角膜潰瘍、眼窩蜂窩織炎、点状表層性角膜炎、ぶどう膜炎など、痛みを伴う眼病は色々あります。

心や体の調子や生活面の支障なども含め、気になることは医師に伝えて正確な診断を仰ぎましょう。

ページのトップへ

視野が狭い

眼が見えにくくなったり、視野に見えない部分がある、視野が狭くなってきている、このように感じたりする場合は、緑内障による視神経障害の可能性があります。また、歪んで見えたり真ん中が暗く見えない場合などは、加齢黄斑変性という眼病も考えられます。

いずれも、50才以上の高齢者に多くみられます。

視神経炎や視神経症、ぶどう膜炎などで引き起こる視神経萎縮や、小児期から学童期に夜道やトンネル、映画館などの暗いところで見えにくく感じる夜盲を自覚する場合は、網膜色素変性などの場合も考えられます。

緑内障の場合などは、失った視野を回復することはできませんので、違和感がある場合は、早めに受診してください。

小児の目の見え方は診断が難しいので、無理に確認せず眼科医による小児に合う検査方法で診断することをお勧めします。

ページのトップへ

目のかゆみ・充血・目やに

眼精疲労やアレルギー性結膜炎などによっても目のかゆみや充血が出ます。また、眼の結膜(まぶたの裏側と目の白目部分を覆う膜)には細く細かい血管がたくさん通っているので、眼を掻いたり、コンタクトレンズを付けるときに目に触れただけでも、白目部分が真っ赤に出血してしまう時もあります(結膜下出血)。

細菌性結膜炎や流行性角結膜炎などでは、眼瞼の裏面に充血・かゆみ・異物感を感じることがあります。流行性角結膜炎はアデノウイルス感染でおこるのですが、「はやり目」とも呼ばれるように感染力がとても高いので早く治療をうけるようにしましょう。

他にも、眼と鼻の間の管(鼻涙管)が詰まり気味で、涙目だったり目やにが出たりする鼻涙管閉塞や、本来は外向きに生えるまつ毛が内向きに生えることで目の中にまつ毛が入り角膜や結膜に刺激を与える逆さまつ毛の方もいらっしゃいます。

かゆみ・異物感・充血を感じる場合は、まずは原因を特定し正しい処置で対処しましょう。

ページのトップへ

目が乾く・疲れる

眼が乾燥した感じや、眼に小さな異物が入ったような感覚をうける場合、あるいは、眼が開けにくい、なぜか涙が出る、何となく眼が不快、という感覚を持たれる方の多くの場合、ドライアイと眼精疲労が考えられます。

ドライアイ・眼精疲労の場合、生活習慣や加齢がよくある原因ですが、老眼や白内障・緑内障などの眼病や、全身疾患からくるもの、心因性のものもあります。まれに、ドライアイには、重篤な病気が隠れていることもありますので、その有無を検査によって確認しておくことも大切です。

日常生活でお困りのことだけでなく、持病についてなど、いろんなお話をお聞きしながら治療を進めることが望まれます。

ページのトップへ

目(瞼)が腫れる

霰粒腫(さんりゅうしゅ)の場合は、瞼の裏に、円形で固い粒があり、はじめは痛みを感じずに瞼の腫れのみの症状ですが、急に赤くなり痛みが出ます。ものもらい、目ばちこ、目イボとも言います。瞼やまつ毛の付け根付近におこる眼瞼炎(がんけいえん)や結膜炎でも目が腫れます。

まぶたが下がることによって見える範囲が狭くなり、まぶたが重く感じられる場合には眼瞼下垂(がんけいかすい)の可能性もあります。

ページのトップへ

まぶしい

50才以上の方で、強い光を受けていないのに眩しく感じる場合は、白内障が疑われます。痛みや、目のかすみなど見えづらさを同時に感じることもあります。眼精疲労で眩しさを感じる方もいらっしゃいます。眼精疲労では、頭痛・肩こりなども症状として出てきます。

角膜ヘルペス、角膜真菌症、角膜潰瘍、角膜炎など、角膜の異常でも同様の症状が起こります。
眼に何らかの炎症が起こった場合にも眩しさを感じます。

すぐに治療すべき症状か経過観察や日常生活の改善を行うものか、眼科の診察を受け適切に対処しましょう。

ページのトップへ

黒いモノが見える

ゴミが目に入っているように見えたり、虫が飛んでいるように見えたりする飛蚊症は、眼の硝子体(しょうしたい)という場所が部分的に濁っていたり、出血があることが疑われます。

部硝子体剥離など加齢によっておこるものから、ぶどう球炎などの炎症によっておこるもの、網膜剥離など出血によるもの、悪性リンパ腫など腫瘍によるものなど原因は様々です。

常に同じ場所に黒点やゴミや線が見えるように感じる場合は、一度診察を受けましょう。

白内障は眼の中の水晶体が白濁し、視力低下を引き起こす眼病です。
水晶体のたんぱく質及びたんぱく質と水のバランスが変化する事によって、水晶体が白濁する、と言うのが一般的な考え方です。多くの場合、加齢が原因です。目がかすんだり見えにくくなったりするため、老眼と勘違いする人もいますが、老眼とは異なります。明るい所で特に見えづらい場合は、白内障の可能性が考えられます。

お問い合わせ・ご相談はこちら

〒561-0871
豊中市東寺内町13-3 プラザカワバタ1F
⇒アクセスマップはこちら

ページのトップへ

現在地:まみ眼科クリニック HOMEこんな症状にお困りの方へ